English|サイトマップ
日本バイオプラスチック協会(JBPA)Japan BioPlastics Association
東京都中央区日本橋箱崎町5-11 ユニバーサルビル6F
TEL:03-5651-8151   FAX:03-5651-8152  
map
お問い合せメール
  HOME
バイオマスプラ(BP)入門歴史・背景バイオマスプラの特長原料・種類製品紹介バイオマスプラQ&Aバイオマスプラ(BP)識別表示制度バイオマスプラ識別表示制度とは識別表示制度(詳細)、基準及び試験方法等申請書及び記入例申請方法と登録の流れBPマーク取得製品リストBPポジティブリスト バイオマスプラ入門

バイオマスプラQ&A

1.バイオマスプラスチックって何?

Question1.バイオマスプラスチックの定義はありますか?

Answer1.

バイオマスプラスチックは新しい概念ですので、未だ世界的に統一された定義はありませんが、日本バイオプラスチック協会では、バイオマスプラスチックの定義を
「原料として再生可能な有機資源由来の物質を含み,化学的又は生物学的に合成することにより得られる分子量(Mn)1,000以上の高分子材料をいう.(化学的に未修飾な非熱可塑性天然有機高分子材料は除く)」と定めています。

社会生活に有用なプラスチック素材を従来の石油などの化石資源からではなく再生可能な有機資源から持続的に作れることの重要性に注目しています。プラスチック製品の中に、バイオマス素材を単に混合することとは本質的に違います。多くの場合、単なる混合はプラスチックの有する有用な性質を阻害することとなり、必ずしも有用とは限りません。

Question2.バイオマスプラスチックって何からできているの?

Answer2.

原料のバイオマスは潤沢に均一な品質のものが得られるトウモロコシなどの穀物資源、サトウキビなどから取り出される糖類が主体です。将来的には、食物との競合の無い非可食のセルロースの活用が目論まれています。

Question3.バイオマスプラスチックにはいろんな種類があるの?

Answer3.

バイオマスプラスチックは、定義からも判る通り、原料にバイオマスを使うところがポイントですので、できたものが決まっているわけではありません。
今後も、技術の進歩によって、色々な化学品がバイオマスから効率的に作れるようになれば、更に広範囲な製品が、バイオマスプラスチックとなる可能性があります。
現在、バイオマスプラスチックとして供給されている主要なものは、ポリ乳酸(PLA)です。2009年半ばには微生物が自分の体内に蓄積するポリヒドロキシアルカノエート(PHA)の大規模な工業生産が開始される予定です。
他にも、セルロースの誘導体である酢酸セルロース(CA)、油脂原料のナイロン11、ナイロン4などもバイオマスプラスチックです。プラスチック原料の一部をバイオマスから製造したポリトリメチレンテレフタレート(バイオPTT)、ポリブチレンサクシネート(バイオPBS)などもバイオマスプラスチックです。最近、ブラジルでの生産計画が注目されているバイオポリオレフィンもバイオマスプラスチックとなります。

Question4.そもそもバイオマスって何?

Answer4.

バイオ(生物)とマス(量)の結びついた生態学の専門語ですが、生きている動植物、収穫された農水産・林産物、死んだ生物の遺骸などが含まれます。一般に「バイオマス」と言う場合は「活用できる生物由来の再生可能な有機資源」と定義されます。
また、利活用の観点から、バイオマス日本総合戦略では

  1. 廃棄物系バイオマス:食物廃棄物、家畜排泄物、建築廃材、古紙など
  2. 未利用バイオマス:農作物非食用部、林地残材など
  3. 資源穀物:エネルギー源や、製品の原料を目的として栽培される植物
  4. 新作物:バイオマス生産に適した、海洋植物や、新遺伝子組み換え植物

に、分類されています。

Question5.バイオマスは固定化された太陽エネルギーなの?

Answer5.

バイオマスは太陽エネルギーが植物の光合成反応によって炭水化物として生物の体内に固定化されたものです。炭素は、空気中の炭酸ガスや無機塩に由来します。生物は死ぬと微生物によって分解し再び炭酸ガスと水に戻ります。つまりバイオマスは大気中の炭酸ガスと循環しています。

Question6.バイオマスの利用は、どうして必要なの?

Answer6.

大変長い時間軸を考えれば石油や石炭も再生可能ですが、バイオマスは短い時間のサイクルで再生産できることから、地球大気中の炭酸ガス濃度のバランスを保ちながら、エネルギーや、有用な材料を供給できる重要な資源だと考えられています。
又、現在広く利用されている、石油を中心とした化石資源もこのままの消費が続くと、長期的には枯渇する恐れが指摘されており、そうなる前に科学技術の力で持続的に有用な材料を作れる体制を作ることは、重要と考えられており、世界的にそうした技術の確立が図られております。この観点で活用の可能性がもっとも高い資源が、バイオマスと考えられています。

Question7.プラスチックをバイオマス原料で作るのはどうして?

Answer7.

プラスチックは軽くて丈夫、簡単に色々な形状に変えられるといった特徴から、日常生活のあらゆる場面で使われており、私たちはプラスチックに囲まれて生活しているといっても過言ではありません。しかし、プラスチックのほとんどは石油から作られています。石油などの化石資源は地球が数億年もの長い時間を掛けて地中に蓄えた貴重な有機資源ですが、産業革命以降の急激な採取・消費量の増加によって、近い将来、枯渇の恐れがあり、また大気中の二酸化炭素濃度を上昇させ地球温暖化の大きな原因といわれています。こうした石油に代わって植物などのバイオマス資源を活用して有用なプラスチックを持続的に供給していくことができることが、バイオマスプラスチックが将来の素材として大きく注目されている理由です。

Question8.トウモロコシなどの食物をプラスチックの原料に使って良いのでしょうか?

Answer8.

現在、バイオマスプラスチックは、主にトウモロコシの澱粉を原料に作られています。使われているトウモロコシはデントコーンと呼ばれる家畜用飼料などに使用されるものであり、直接的には人間の食料として使われない種類のものです。また、現在プラスチックに使われているデントコーンの量は、世界で高々数十万トン程度であり、食物としての需給には何の影響も与えません。ただ将来バイオマスプラスチックとしての消費量が数百万トンレベルになった場合には、影響が無いとは言い切れません。こうした状況の到来を想定して、非可食のバイオマスであるセルロースやへミセルロースからバイオマスプラスチックを製造する技術開発が進められています。

個人情報保護方針