English|サイトマップ
日本バイオプラスチック協会(JBPA)Japan BioPlastics Association
東京都中央区日本橋箱崎町5-11 ユニバーサルビル6F
TEL:03-5651-8151   FAX:03-5651-8152  
map
お問い合せメール
  HOME
バイオプラジャーナル普及会の説明・最新号購読申込 バイオプラジャーナル

協会誌の説明・最新号

バイオプラジャーナルは、 グリーンプラとバイオマスプラに関する
最新の情報をお届けする季刊誌です。

バイオプラジャーナルは、グリーンプラ(生分解性プラスチック)およびバイオマスプラ(植物由来プラスチック)の普及・発展を目的とした季刊誌です。
グリーンプラおよびバイオマスプラに関する「最先端の研究発表」「各企業・各団体のユニークな活動の紹介」「新商品とそれを送り出した企業の紹介」など、毎回充実した内容をお届けしています。まさに、循環型社会の“いま”を知るうえで欠かせない情報誌と言えます。

発行: 日本バイオプラスチック協会(JBPA)
発行回数: 年4回
本体価格: 定価4,000円(年間4冊分)
(消費税・送料を含む)
販売: 日本バイオプラスチック協会(JBPA)
 

最新号のご案内
−−バイオプラジャーナル 67号−−

  • 巻頭言
    SDGsとCOP21とバイオプロダクション
    理化学研究所 環境資源科学研究センター センター長 篠崎 一雄
  • バイオプラ最前線
    セルロースゲル・多孔質体を基盤とする機能材料の開発
    大阪大学大学院工学研究科 宇山 浩

    非可食バイオマス原料を用いたレブリン酸エステルの製造と
    実用化研究への橋渡し
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所・触媒化学融合研究センター 根本 耕司
  • 特集
    農業用生分解性マルチの酵素による分解促進を目指して
    国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
    北本 宏子、小板橋 基夫、鈴木 健、吉田 重信、山下 結香
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研) 佐藤 俊
  • Product Now
    レジ袋の発明から、
    これからのバイオ製品開発へ中川製袋化工の使命
    中川製袋化工株式会社 営業開発部 部長 竹田 真司
  • バイオプラジャーナルニュース
    ISO/TC61(プラスチック)第66回韓国・大田年次会議参加報告(9月18日〜21日)
    日本バイオプラスチック協会 技術委員長 石原 健一
  • Regular Contents
    バイオマスプラマーク取得状況
    グリーンプラマーク取得状況
    バイオプラ製品一覧
  • 広告掲載頁
    三菱ケミカル株式会社
    MoDeSt2018 Society
    東京大学、理化学研究所
    北村化学産業株式会社
    三菱ケミカル株式会社
    (産業・メディカルフィルム事業部)
    ユニチカ株式会社

  • 表紙の写真:キャッサバ
    ジャガイモ、サツマイモと並び3大イモ類の一つ。熱帯諸国での栽培が盛んでASEAN
    諸国ではインドネシア、タイでの生産が多い。キャッサバからの澱粉生産量の多いタイ
    では、その糖源の活用を視野に入れバイオケミカル製造メーカーの拠点も多い。 また、
    日本企業も参加して澱粉化工等の残渣( キャッサバパルプ)を使いバイオエタノール
    製造の実証事業も行われている。
個人情報保護方針