English|サイトマップ
日本バイオプラスチック協会(JBPA)Japan BioPlastics Association
東京都中央区日本橋箱崎町5-11 ユニバーサルビル6F
TEL:03-5651-8151   FAX:03-5651-8152  
map
お問い合せメール
  HOME
バイオプラジャーナル普及会の説明・最新号購読申込 バイオプラジャーナル

お知らせ

バイオプラジャーナル70号発行遅延のお知らせとお詫び
企画調査委員会(広報ワーキンググループ)
 いつも当協会の季刊誌「バイオプラジャーナル」をご購読いただき誠にありがとうございます。
 さて、9月末に発刊を予定しておりました季刊誌70号につきまして、編集作業に一部遅延が発生しており発刊が遅れております。
 いつもご購読をいただいている皆様には誠に申し訳ございませんが、10月15日前後のお届けを予定しておりますので、いましばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。
 2018年9月28日

協会誌の説明

バイオプラジャーナルは、 グリーンプラとバイオマスプラに関する
最新の情報をお届けする季刊誌です。

バイオプラジャーナルは、グリーンプラ(生分解性プラスチック)およびバイオマスプラ(植物由来プラスチック)の普及・発展を目的とした季刊誌です。
グリーンプラおよびバイオマスプラに関する「最先端の研究発表」「各企業・各団体のユニークな活動の紹介」「新商品とそれを送り出した企業の紹介」など、毎回充実した内容をお届けしています。まさに、循環型社会の“いま”を知るうえで欠かせない情報誌と言えます。

最新号の紹介

発行: 日本バイオプラスチック協会(JBPA)
発行回数: 年4回
本体価格: 定価4,000円(年間4冊分)
(消費税・送料を含む)
販売: 日本バイオプラスチック協会(JBPA)
 


−−バイオプラジャーナル 69号−−

  • 巻頭言
    ― 就任のご挨拶と共に ―
    バイオプラスチックをめぐる国際的な流れの中で
    日本バイオプラスチック協会 会長
    姥貝 卓美
  • 特集
    植物由来生分解樹脂の世界的普及の端緒となる
    日本発の射出成形技術群の開発と応用製品
    ― 第7回ものづくり日本大賞 製品・技術開発部門 内閣総理大臣賞受賞に至るまで ―
    小松技術士事務所 所長 ものづくり名人
    小松 道男
  • バイオプラ最前線
    セルロースナノファイバーの特徴とその応用展開
    地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
    北川 和男
  • 特集
    欧州標準化委員会CEN/TC411(Bio-based products)
    年次会議に参加して
    日本バイオプラスチック協会 技術委員会 国際標準化(ISO)担当
    諏訪 頼正
  • バイオプラジャーナルニュース
    日本バイオプラスチック協会第11回通常総会及び懇親会開催
    日本バイオプラスチック協会 事務局

    海外情報
    ― 欧州委員会の「使い捨てプラスチック:海洋ゴミを減らすための
      EUの新しい規則」関連情報 ―
    1. 欧州委員会のプレスリリース 2018年5月28日
    2. 欧州バイオプラスチック協会のプレスリリース 2018年5月29日
    3. 欧州委員会のプレスリリース
      「使い捨てプラスチック:海洋ゴミを減らすためのEUの新しい規則」Q&A
    日本バイオプラスチック協会 企画調査委員会
  • Regular Contents
    バイオプラ製品一覧
    バイオマスプラマーク取得状況
    グリーンプラマーク取得状況
  • 広告掲載頁
    三菱ケミカル株式会社
    三菱ケミカル株式会社
    (産業・メディカルフィルム事業部)
    ユニチカ株式会社

  • 表紙の写真:大豆の花
    大豆の種子から搾油した大豆油の誘導品である植物由来ポリオールは
    ウレタンフォーム、接着剤、結合剤などの原料として使用されている。
個人情報保護方針