English|サイトマップ
日本バイオプラスチック協会(JBPA)Japan BioPlastics Association
東京都中央区日本橋箱崎町5-11 ユニバーサルビル6F
TEL:03-5651-8151   FAX:03-5651-8152  
map
お問い合せメール
  HOME
バイオマスプラ(BP)入門歴史・背景バイオマスプラの特長原料・種類製品紹介バイオマスプラQ&Aバイオマスプラ(BP)識別表示制度バイオマスプラ識別表示制度とは識別表示制度(詳細)、基準及び試験方法等申請書及び記入例申請方法と登録の流れBPマーク取得製品リストBPポジティブリスト バイオマスプラ(BP)識別表示制度

バイオマスプラ識別表示制度とは

  バイオマスプラとは、有機資源(植物等)由来物質を、プラスチック構成成分として所定量以上含む、バイオマスプラスチック製品のことです。当協会では、地球温暖化防止の観点と、化石資源消費縮減の重要性をかんがみ、バイオマスプラの識別表示制度を制定しました。 一般消費者が、バイオマスプラスチック製品を容易に識別できるよう、当協会が定める基準に適合する製品を「バイオマスプラ」として認証し、シンボルマークの使用を許可する制度です。


  • 2017.05.01 「B-4ポジティブリスト記載に要する試験方法及び認定試験機関」を改訂しました。
  • 2016.09.06 「B-4ポジティブリスト記載に要する試験方法及び認定試験機関」を改訂しました。
  • 2016.01   シンボルマークのロゴ・フォーマットを 更新いたしました。
             会員用ページの 「委員会議事録」の「識別表示委員会」をご覧ください。
  • 2015.08.07 「バイオマスプラ・シンボルマーク使用の手引き」を改訂しました。
  • 2015.08.01 「B-4ポジティブリスト記載に要する試験方法及び認定試験機関」を改訂しました。
  • 2015.07.01  B-2識別表示制度運用規約を改訂しました。
    B-4ポジティブリスト記載に要する試験方法を改訂しました。
  • 2013.11.01  B-4ポジティブリスト記載に要する試験方法及び認定試験機関を改訂しました。
  • 2013.03.01  B-3使用禁止物質及びバイオマスプラスチック、中間製品のPL記載基準・B-4
    ポジティブリスト記載に要する試験方法及び認定試験機関 を改訂しました。
  • 2013.03.01  基準改訂に従い、様式X-2、様様式V-2、様式X-2を改訂しました。
  • 2012.07.01  バイオマスプラ識別表示制度、識別表示制度運用規約、バイオマスプラ・
    シンボルマーク使用の手引きを改訂しました。
  • 2011.07.01  バイオマスプラ識別表示制度・使用禁止物質及び バイオマスプラスチック、
    中間製品のPL記載基準を改訂し、別添資料 様式 W−2、X−2を新規に
    策定しました。
  • 2009.10.22  「バイオマスプラ識別表示制度」部分限定シンボルマーク使用承認基準を
    改定しました。
  • 2009.10.22  「バイオマスプラ識別表示制度」部分限定シンボルマーク使用承認基準を
    改定しました。
  • 2007.02.21  ポジティブリスト(PL)方式の見直しを行い、分類A[バイオマスプラスチック」
    及び分類C[中間製品」は従来通りPL方式を維持。分類B「添加剤」
    及び分類D「その他材料」については、指定使用禁止物質以外の
    使用を認めるネガティブリスト(NL)方式を採用することに変更しました。
    お知らせ

本制度の目的

バイオマスプラスチックは、一般的には、バイオマス由来の原料を全部或いは一部使用したプラスチックを言い、環境負荷が少なく、かつ炭酸ガスのバランスを崩すことの無い等の特徴を有するものです。  このことから地球温暖化防止、化石燃料資源の節約、自然環境の保全に資することが期待されているものの、現在は全プラスチックの市場規模に占めるバイオマスプラスチックの推定割合と数量は、僅か0.2%、3万トンに過ぎません。  JBPAはバイオマスプラスチックの中でも、とうもろこし等の再生可能な有機資源由来の物質に含まれるでんぷん等の原料より、化学的又は生物学的に合成する事により得られる高分子材料(プラスチック)が、資源環境型社会構築の基本的な補完資材であるとの認識に基づき従来よりその普及促進に努めてまいりました。  2006年7月、一般消費者の皆様にバイオマスプラスチック製品がかかる特徴を有し地球温暖化防止、化石燃料資源の節約、自然環境の保全に資するとのご認識を頂き、かつその普及促進を図るため、既存の化石燃料由来のプラスチック製品と識別するための制度として、「バイオマスプラ識別表示制度」を発足しました。

 

識別表示認証マーク(例)

バイオマスプラマーク
No.XXXX

本制度の概要

この制度は、一般消費者がバイオマス由来のプラスチック製品を容易に識別できるように、JBPAが定める識別表示基準に適合する製品を「バイオマスプラ」として認証し、定められた認証マークの使用を認可する制度です。

<基準の概要>

1. ポジティブリスト記載のバイオマスプラスチックを使用すること。
2. 製品中のバイオマスプラスチック度が、25.0wt%以上のプラスチック製品。
3. JBPA指定の使用禁止物質を含まないこと。

バイオマスプラスチック度: 原材料、製品に含まれるバイオマスプラスチック組成中のバイオマス由来成分の全体量に対する割合(重量%)。

日本バイオプラスチック協会(JBPA)が
  バイオマスプラ識別制度を発足する意義

 2002年12月に発表された政府のバイオテクノロジー戦略大綱、バイオマスニッポン総合戦略において、化石資源の使用量縮減により地球温暖化を防止するために、植物原料、生分解素材の積極的利活用を推進する方針が明示されました。
 バイオマスプラスチック製品の普及促進が市場より強く望まれている中で、樹脂メーカー、一次加工メーカー、最終加工メーカー、流通業者など多くの有力企業を会員に持ち、2002年に「グリーンプラ識別表示制度(生分解性プラスチック製品)」を立ち上げ800点を超えるグリープラマークの認可製品を認証し、生分解性プラスチック製品の正しい理解と普及に大いに貢献している実績のあるJBPAに、本識別表示制度の発足を求める要望が大きくなっていました。
 JBPAでは、かかる状況を踏まえバイオマスプラ識別表示検討WG等で精力的な検討を行った結果を取りまとめ、2006年6月13日、「バイオマスプラ識別表示制度」がJBPAの総会で承認されました。
 JBPAは、今後幅広い会員会社の知識と努力を結集し、「バイオマスプラ識別表示制度」の的確かつ積極的な運用を通じて、バイオマスプラスチック製品の普及、拡大に貢献してまいります。


日本バイオプラスチック協会(JBPA)の今までの対応

1. 2003年に策定した「BPS中期事業計画」において、グリーンプラの定義の中に、従来の生分解性プラスチックに加えて、バイオマス由来の原料から製造されるバイオベースポリマー(バイオマスプラスチック)を含める事としました。即ち、出口の機能である生分解性が特徴である生分解性プラスチックに加えて、入り口でバイオマス由来の原料を使うことに意義のあるバイオマスプラスチックの両方の普及促進活動を推進してまいりました
2. 2005年に開催された愛知万博(愛・地球博)での、「バイオプロセス実用化開発事業R&Dコンソーシアム」による各種バイオ、生分解性素材製品の大量導入及び各種実証モデル事業の取り組みは、会員各社の多大な協力の下で行われ、社会的な認知度の拡大に大きなインパクトを与える契機となりました。

日本バイオプラスチック協会(JBPA)のこれからの対応

「バイオマスプラ識別表示制度」の確実な運用
  識別表示委員会、基準検討部会による基準の向上、深化の検討と審査部会による公正な審査、認証及びマーク管理部会による正しいマーク運用の管理。
バイオマスプラスチックの技術的問題への取り組み
  技術委員会によるバイオマスプラスチックの試験方法、評価方法などの研究の推進。
海外との交流、調整
  技術委員会によるバイオマスプラスチックの認証基準に係る国際標準について、欧米諸団体との意見の交換、調整。
普及、広報活動
  企画調査委員会が中心になり、「バイオマスプラ識別表示制度」、「バイオマスプラマーク」の普及拡大に向けて、ホームページの改良、パンフレットの作成、展示会、セミナーへの参加及び各方面へのPRを積極的にとり進める。

従って日本バイオプラスチック協会は今後、
従来からの「グリーンプラ識別表示制度」=「グリーンプラ」と
新規に「バイオマスプラ識別表示制度」=「バイオマスプラ」
の2つの識別表示制度を整然と運用いたします。

個人情報保護方針